自然素材へのこだわり

斉藤工務店は、従来より無垢の木や珪藻土を利用した自然素材の家づくりを提案して参りました。
私たちが扱う自然素材の選び方、こだわりをご紹介します。

適材適所の自然素材選び

私たちは、無垢材や自然素材を“いいかげん”に決めることはいたしません。自然がつくったものは、形が不統一だったり、個性を持っていたりするものです。それらの素材を扱うためには、作り手が真剣に自然素材に向き合うことが大切だと思っています。
私たちは、お客様へのご提案にあたって、これまでの知識と経験を総動員し、「どこに何の素材を使うか」を慎重に決めていきます。自然素材の構造材・仕上げ材は、ともに様々な種類があり、種類の数だけまた特徴があります。自然素材に携わってきた長年の経験と知識で、その特徴をうまく生かしていきます。
当たり前のことではありますが、家を支える大切な構造材には、「杉」や「桧」、「米松」などの強度の強い木材を選びだし、湿気の多いところや土台には、水に強い「桧」、「ひば」などの素材を選びます。“生きている自然素材“を、適材適所で生かしていきます。

そしてもうひとつ素材選びをする上で、重要になってくることはコストです。例えば斉藤工務店では、日本の風土に合った住まいをつくるため、できるだけ国産の木材を推奨していますが、国産材でまかなうことが難しい場合は、お施主様と相談しながら、優先的にコストをかける場所を決めて参ります。
※土台に「青森ひば」を使うこともあります。 まずはご要望をお聞かせいただき、一緒に「自然素材の家づくり」を行ってまいります。

家を支える大切な構造材 雨に濡れていますが、純国産杉材
「木もちe-デッキ」です。

壁紙から塗料まで、すべて自然素材

私たちが、自然素材にこだわる理由は、人が快適に過ごせる家づくりを目指していることに他なりません。

天然樹木を加工した無垢材で言えば、加工後も木が呼吸を続けるため、自然の力で空気がきれいになります。これはダニや細菌の繁殖をおさえることにもつながります。
そして木材だけでなく、壁紙に使用する和紙クロス・布クロスや、珪藻土は、環境にもやさしい自然素材で、湿度の調節にも一役かってくれます。

また斉藤工務店では、塗料や仕上げのワックスにおいても、早くから無公害な自然素材にこだわってきました。木材保護にもなり、無公害な自然塗料のオスモカラーやリボス、自然原料のみで作られた蜜ロウワックスを使用しています。
他にも防蟻のために、ヒバから成分を抽出した森林恵などを塗っていたり、普段なかなか見えない所まで、こだわり抜いています。

無公害塗料オスモカラーと、自然由来の蜜蝋ワックス。
環境のためにも、なるべく自然に帰せるものを材料として選びたいものです。

自然素材の仕上げ材
自然素材と経年変化

無垢の自然素材は、耐久性もあり、自然の力で湿度の調節もしてくれるメリットの多い優れものです。ですが自然素材にもやはりデメリットはあります。
それは、経年変化です。
斉藤工務店では、適材適所にトラブルの少ない素材選んでいますが、経年とともに色合いが変わってきたり、環境によっては、木材が多少曲がってきたりして、メンテナンスが必要になることがあります。
しかし、これは生きている素材を使っているからこそ、起こることです。
経年による色のばらつきなどは、逆に言えば、合成のものには味わえないものです。その変化を楽しみ、ときにはケアをする。これができるのは、無垢の家ならではのことといえます。

自然素材と経年変化

生きた素材は、年月を重ねればその分、味わいがましていきます。
この経年変化を是非楽しんで下さい。