無垢の家のすすめ

近年、アトピー性皮膚炎や花粉症といったアレルギー疾患を持った人が増え、シックハウス症候群という言葉も一般的になりました。
そんな中、斉藤工務店では、地球環境にやさしく、人が元気で健康に過ごせる無垢の家をご提案しています。そのほか地球環境への取り組みをご紹介します。

無垢の木は、加工後も呼吸を続けています

無垢材フローリング 肌ざわりのいい無垢のフローリング 無垢フローリングの家 つい走りたくなります(笑)。

無垢材とは天然樹木を加工したもので、加工後も木が呼吸を続けているのが特長です。例えば、家の中で焼き肉をしてもそのにおいが翌日に残ることがありません。換気などをわざわざせずとも木の自然な呼吸で空気がきれいになるからです。しかも断熱性に優れているため、室外との温度差を室内に伝えにくく、いつでも快適な家に保つことができます。また、抗菌・殺菌作用やアトピー性皮膚炎の大敵であるダニや細菌の繁殖をおさえる働きがあります。また住宅建材としても大変丈夫で、日本の古い木造建築(寺院など)がその強度を証明しています。

なお、斉藤工務店では杉やヒノキ、松といった日本の気候・風土に合った無垢の木を特におすすめしています。
無垢の木でできた家は、玄関を開けた瞬間に思わず深呼吸をしてしまうほど空気が美味しく、森の香り、木の香りに日々の疲れも癒されます。また、肌触りが良く、夏はひんやりと冷たく、冬はじんわりと温かく感じることでしょう。お子様が一年中、裸足で駆け回れるのも魅力です。

※木の素材といえばポピュラーなのは合板です。こちらは木でできているとはいえ、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを含んだ接着剤で貼り合わされていることもありますので、注意が必要です。

無垢材にデメリットはある?

無垢材には「経年変化」があります。月日が経つに従って色が変わってきたり、乾燥によるひび割れが起こったり、時には虫穴が開く場合などもあります。しかし、それをデメリットとはとらえず、天然の証であると思いいつくしんでいただける方に「無垢の家」をおすすめしたいと思っています。なお無垢材のお手入れは季節の変わり目に蜜蝋ワックスを塗っていただくことで時間の経過とともにより美しく深みのある味わいになってまいります。家族のイベントとして楽しんでいただけたら幸いです。

畳にもこだわっています

畳はい草からできているので、元々天然素材というイメージがありますが、 現在の畳づくりは、機械化が進み、不変色加工や防カビ剤など化学薬品を用い短時間で畳を量産することが多くなっています。

斉藤工務店でおすすめしている畳は、不変色加工や防カビ剤も天然素材でできたものを使用し、完全手縫いによる質のよい無垢の畳です。
安心してくつろいでいただけるのは勿論のこと、腕の良い職人さんが手縫いで作る畳は、頑丈で長持ちします。

和室だけではなく、洋室の一部に畳を敷いたり、その天然素材の香りや肌触りをお楽しみいただけます。

斉藤工務店提携・琉球畳、手縫い畳を専門とする畳店
石阪畳店
無垢の畳 完全手縫いによる質のよい無垢の畳。 石阪畳店 石阪畳店様の畳製作風景。
無垢の家・健康住宅なら斉藤工務店へご相談ください
斉藤工務店

斉藤工務店では「子どもの健康を考えて、なるべく天然素材をふんだんに使った家にしたい…」といったお客様からのご要望を多くいただいております。
しかし、それと同時に「なるべく費用をおさえたい」というご希望をお持ちの方もいらっしゃいます。最近は商品も豊富になってきて、コスト的にもだいぶ下がってきているとはいえ、天然素材にこだわった家づくりはどうしても割高感が否めません。
そんな場合、斉藤工務店では一部分だけでも「こだわりの場所」をつくることをおすすめしております。

例えば、家族みんなが集うリビングだけ、あるいは子供部屋だけでも天然無垢材のフローリング&珪藻土の壁に。
すべてでなくても良いのです。「壁だけ」「床だけ」でも自然素材にするだけで、大幅に室内環境が改善されるという実験結果もあります。あきらめずに、まずはご相談ください。