工務店での家づくり

新築物件の場合、ほとんどのお客様は大手のハウスメーカーさんのモデルハウスを見たり、複数の工務店さんに話を聞いたりして検討したうえで、斉藤工務店に決めてくださいます。その理由はどこにあるのでしょうか?

斉藤工務店で新築住宅を建てるメリット

自由設計が可能
斉藤工務店では、構造におけるある程度の標準仕様はありますが、大手ハウスメーカーさんのように「○○プラン」「○○の家」といった固定的なプランは準備しておりません。お一人おひとりによって望む家は異なるはずです。斉藤工務店は、お客様と何度も打ち合わせを重ね、お一人おひとりに合った家づくりをご提案します。
注文住宅なのにコストパフォーマンスが高い!
私どもは、地元の皆様からの信頼と口コミでお仕事をいただき、今日に至っております。つまり広告・宣伝費などの営業にかかる費用はほとんどありません。ムダなコストをかけず、その分を家づくりに還元することによって、注文住宅でありながらもコストパフォーマンスに優れた家づくりをめざしています。
地元密着型だからこそわかる「土地」の特性
「昔、この土地のそばに小川があったなあ。地盤の補強工事が必要になるかも…」。「この道は人通りが多いから、自然な目隠しになるような外構があった方がよいかも…」。長年、同じ土地で生活していると自然とその土地の特性がわかってきます。地元工務店ならではの提案はここからも生まれます。
腕のいい専門職人が揃っている
斉藤工務店は、腕のいい職人が揃っています。従業員の職人はもちろんのこと、水道工事、左官工事、電気工事などの専門職人も、経験豊かで、コミュニケーション力抜群です。いい家づくりにおいて職人さんの力量はとても重要です。
ちょっと困ったときにすぐにメンテナンス!
家は建てて終わりではありません。むしろそこからがお付き合いの始まりです。「少しドアが締まりにくくて…」「そろそろ外壁の色を塗り直したいのだけど…」など、小さな修理から大きなリフォームまで、迅速に対応いたします。大切なお宅の「主治医」として末永くおつきあいいただければ幸いです。

設計&施工&お客さまの三位一体の家づくり

施主さま 設計 施工(三位一体)

家を建てるときには「設計士(一級建築士)」、「施工業者(親方、大工)」、「お客様(施主様)」の三者でコミュニケーションを取りながら進めていきます。この三者が、話し合いを重ね、信頼を積み重ねていくことで、納得のいく家づくりができます。

通常のハウスメーカーさんですと「設計士はハウスメーカー」、「親方は大手工務店の人」、「大工は大手工務店が外注した下請業者」となります。そのため、ハウスメーカーさんに伝えた要望が現場の大工さんに伝わるまで時間がかかってしまったり、現場の大工さんに要望を伝えても「勝手に判断できない」ということになってしまうことがあります。
また、一般の工務店さんは、設計・施工を一貫して担当しますが、その場合も現場で実際に工事を行う大工は外注になることが多いようです。また、その場合「親方や大工の質」によって品質が左右されてしまう側面があります。

しかし、斉藤工務店は違います。斉藤工務店は設計も施工(親方、大工)も「斉藤工務店の社員」なのです。ですから、設計〜施工段階の社内のコミュニケーションを密にはかれます。また、現場の親方・大工にも裁量がありますので、例えば実際の現場でお客様に「ここにもう一つ収納がほしい」などと、ご要望をいただいたときにもその場で可能かどうかを検討し、対応することができます。
この斉藤工務店の体制によって「お客様の期待以上の良い家をつくる」という一つの目的に邁進することができると自負しています。本当の意味での「設計&施工&お客様の三位一体」を斉藤工務店は実現しようと考えています。

「家は一生に何度も買うものではないから、信頼できるところに任せたかった」。斉藤工務店で家を新築したS様にいただいたお言葉です。そのような言葉をたくさんの方から言っていただけるよう、日々励んで参ります。